ひざへの衝撃や疲労を軽減させスポーツ障害からお子様を守ります

 

 


加曽利 正美
かそり接骨院院長
元関東学園大学客員講師
関東学園大学柔道部トレーナー
スポーツ&ヘルスケア研究会長
群馬県接骨師会学術功労賞
太田市スポーツ学校
太田市野球連盟より表彰

ハイヒールを履く女性に多いとされる外反母趾。
実は小学生の80%以上がすでに外反母趾と驚愕の数字。
お父さんお母さんの子供のころは、4歳には足裏がほぼ形成されたそうですが、現在では11歳がピークと発育が遅れ始めていて、18歳でも20%が未形成の状態だそうです。
1980年以降の子供の体力低下に加え、外遊び・運動時間のさらなる減少、社会環境の悪化により登下校の送迎や靴の機能の向上等で、体を支える大事な足裏の筋肉が眠ったままになっているのがその大きな原因です。
WONDER STEPは足の親指を正しい位置に戻すことで、大地を裸足で蹴って足るような、本来人間が持っている機能を目覚めさせる加曽利式テーピングです。
足指の機能向上により、バランス能力・注意機能・集中力・脳の活性を高めることも知られています。
外反母趾の予防とケアは、足裏が形成される子供のころからの予防対策が重要です。ぜひ、親子で予防にお役立てください。

このテーピングを活用することにより、自分自身で体調を管理する習慣を身に着けてほしい、との思いを込めて開発しました。
開発者 加曽利正美